補助灯の選び方

自動車には照明用ライト類が設置されています。メインとして活躍をしているものにはヘッドライトやテールライト、ブレーキランプやウィンカーなども無くてはならないものとして知られています。そんな中、ヘッドライトと併用して利用するタイプのものに補助灯と呼ばれているものがあります。現在ではいわゆるフォグランプと呼ばれているものが該当することになりますが、フォグランプの場合では、純正パーツとして初めから設定されている車種と、そうではなく、後付けパーツとして購入される方も存在しています。以前はハロゲンなどが使用されているものを多く見ることができましたが、比較的新しいものとしてLEDライトなども普及をしています。LEDは消費電力がハロゲン等と比較した際には非常に低いものになるために、バッテリーなどに対しても負担をかけないことも魅力になります。様々なタイプのフォグランプが用意されているのですが、初めから装着されているバルブなどと、そのままLEDへと交換することができるタイプも存在しているために、適合するライトを探してみることもおすすめになります。消費電力の軽減だけではなく、視認性にも非常に優れた効果を発揮するために、効果的に活用することができます。

コメントは受け付けていません。