HIDは従来の電球に比べて遥かに明るい

最近は高級車を中心にLEDヘッドライトの普及が始まっていますが、現在もっとも一般的なヘッドライトとして活躍しているのがHIDバルブを装着した自動車たちです。一昔前ではほとんどがハロゲンバルブでしたが、導入当初はその白さに多くの自動車ファンが魅了されました。これだけ普及したのは、昔の電球に比べて非常に効率が良く、白さも示すように視界の良好な点が消費者から受け入れられた証です。信号待ちの対向車線で2台の新旧ヘッドライト車が並んでいるとその色の違いを感じることも多いと思いますが、実際には自分のドライバー視点から違いを確認することが最も分かりやすい比較方法です。また、色温度にも様々な商品があるので、明るさや光量といった要素で自分の好みに合った商品を選ぶことができます。一般的には新車に標準装備されているクラスのものを選べば間違いなく、色温度で4300K(ケルビン)くらいが目安になります。ハロゲンに比べて遥かに明るいものですが、もう少し色温度を上げると更に明るさを実感できるようになります。5500~6000Kくらいが白さと美しさという面では最もお奨めの商品です。若干はお値段も上がりますが、満足度も比例して上昇するでしょう。

コメントは受け付けていません。