電球を選ぶときのコツ

自動車にはパーツとして数々の電球が設置されている部分があります。代表的なパーツとしては、ヘッドライトや車幅灯、テールランプやブレーキランプなどが挙げられますが、その他にも車内灯なども数多くの場所に設置されている車種も用意されており、それぞれ適合するバルブなどが指定されていることになります。球切れなどを起こしてしまった際には、特に外装パーツの部分では安全性に影響を与えるために、即座に交換することが求められているものですが、数多くのバルブが各メーカーから発表されていることによって、選択肢は広がることになります。選ぶ際のコツとしては、寿命を考えることも良い方法です。現在ではハロゲンバルブに代わって、HIDライトやLEDライトなども普及をしているために、長寿命なタイプを選択することもできます。また、ハロゲンから交換を行うことによって、消費電力も大幅にカットすることができるために、バッテリーに負担を掛けずに済ませることもできます。車内で必要とされているバルブに対しても、現在ではLEDタイプのものが多く販売されているために、初期投資としてはある程度は必要とされている部分にはなりますが、長い目で見た場合ではコストパフォーマンスに優れた機能を発揮することになります。

コメントは受け付けていません。