‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

HIDは従来の電球に比べて遥かに明るい

2015/05/25

最近は高級車を中心にLEDヘッドライトの普及が始まっていますが、現在もっとも一般的なヘッドライトとして活躍しているのがHIDバルブを装着した自動車たちです。一昔前ではほとんどがハロゲンバルブでしたが、導入当初はその白さに多くの自動車ファンが魅了されました。これだけ普及したのは、昔の電球に比べて非常に効率が良く、白さも示すように視界の良好な点が消費者から受け入れられた証です。信号待ちの対向車線で2台の新旧ヘッドライト車が並んでいるとその色の違いを感じることも多いと思いますが、実際には自分のドライバー視点から違いを確認することが最も分かりやすい比較方法です。また、色温度にも様々な商品があるので、明るさや光量といった要素で自分の好みに合った商品を選ぶことができます。一般的には新車に標準装備されているクラスのものを選べば間違いなく、色温度で4300K(ケルビン)くらいが目安になります。ハロゲンに比べて遥かに明るいものですが、もう少し色温度を上げると更に明るさを実感できるようになります。5500~6000Kくらいが白さと美しさという面では最もお奨めの商品です。若干はお値段も上がりますが、満足度も比例して上昇するでしょう。

HIDのメリット

2015/05/25

自動車のヘッドライトに関しては進化をしている状態にあります。従来型の場合では、ハロゲンランプを用いている自動車が多く存在している状態にあって、今現在でも活用されています。ハロゲンランプの場合では、カー用品店などでも多数のものが販売されているために、低価格で交換しやすいものとしても知られています。しかし、ヘッドライトの中には近年ではHIDと呼ばれるものが利用されています。メリットとしては数多くの項目に分けることができますが、メインとされている内容としてはハロゲンと比較した場合では、明るいことを挙げることができます。いわゆる色温度と呼ばれるケルビン数が高いことが原因とされているのですが、そもそもの構造にも違いがあります。フィラメントなどを利用せずに放電することによって照射するために、ランプではなくバーナーと呼ぶことが一般的になります。視界的には非常に見やすいこともメリットになりますが、ハロゲンランプの場合では、寿命が数百時間に限定されていることに対して、非常に長寿命とされていることも人気の理由になります。また、消費電力も低いために、バッテリーなどに大きな負担をかけないこともメリットの一つとして知られています。

HIDに変えるときに必要なアレコレ!

2015/05/25

最近では軽自動車でさえも標準もしくは安価なオプションで設定されるようになったHIDですが、いろいろな商品があります。HIDバルブは一般的な自動車のライトに関する電源部から専用のバラストという部品を経由してバーナーに電力が供給されます。ヘッドライトを明るくしたいとの思いで交換する場合には、バラスト、HIDバルブ、専用の配線、バラストを固定するためのステー等の金具、固定するためのタイラップ等が必要ですが、実は自動車にあまり詳しくない人や工作やDIYが苦手な人でも、配線方法さえ間違えなければ比較的簡単に装着することが可能です。なお、HIDバルブには様々な種類があります。色温度やケルビンという単位を耳にしたことがあるかもしれませんが、一番代表的なのがこのケルビンの違う商品を多数ラインナップしていることです。新車などに標準で装着されているのはだいたいが4000~4300ケルビンのもので、一昔前は白くてきれいになったと感じたものですが、最近では当たり前になっています。もっと白くて美しいのは600ケルビンくらいの商品ですが、これを越えていくと、逆に青さが目立って、美しさは増すものの安全という面での視界の確保に支障をきたしますから、充分に注意が必要です。

LEDで抑える消費電力

2015/05/25

自動車には前照灯と呼ばれるものが取り付けられており、一般的にはヘッドライトと呼ばれるものがメインとされています。このヘッドライトの補助的な意味合いを持っているものに、補助灯というものがあります。フロントバンパーに予め内蔵されているタイプから、後付け用のパーツとして販売されているタイプも存在しており、その形状や明るさに関しても比較的自由に設定することもできます。純正品であっても後付けパーツであっても、利用されているバルブなどがハロゲンを利用しているタイプの場合では、同じ規格を持っているLEDライトに交換することによって、見違えるような仕上がりに施すことが可能とされています。一般的に広く認知されている内容としては、消費電力がかなり削減されることになり、省電力でライトの利用が可能になります。その結果としてバッテリーに負荷を与えずに済ませることができ、常時点灯であっても問題無く走行させることも可能になります。また、LEDには他の特徴も持っており、その中には色温度の高さを挙げることができます。色温度が高いことによって、白色に近い状態を維持できることになり、見た目を大きく変えることができ、ドレスアップ効果を兼ね備えたパーツとしても役立ちます。

デイライトに最適なのは

2015/05/25

ハイブリッドカーの普及によりEVモード(エンジンではなくモーターだけの走行)が増えたことから、聴覚に障害などを持つ方々への配慮も兼ねて日中のデイライト点灯が一時大々的にニュースなどで取り上げられました。タクシーなどはグリルのところに黄色のミニ看板を設置して、点灯中であることをアピールする業者まであったものです。最近はヘッドライトの点灯まで取り組んでいる人もだいぶ減ってしまいましたが、やはりこの日中帯におけるライトの点灯は、周囲からの視認性が確実にあがるものであって、自動車と歩行者等の安全性を少しでも高めるためには良い手段だと言えます。問題はヘッドライトの寿命がこれまでに比べて点灯時間が飛躍的に長くなることから短く感じるようになることと、なかなか目に見えないのですがバッテリーへの負荷が継続してしまうことによりバッテリーの劣化にも影響するということです。こうした難点を克服するのがLED式の後付け補助灯です。LED故の低い消費電力と、非常に明るい輝度を両立できるため、デイライトとしては最も最適な商品と言えます。最近では標準で車のアイデンティティを高めるアイテムとして設置されるものも増えました。レクサスのL型モチーフやアウディのヘッドライトユニットなどです。今後も安全のために少しずつ普及していくものと考えられます。

補助灯の選び方

2015/05/25

自動車には照明用ライト類が設置されています。メインとして活躍をしているものにはヘッドライトやテールライト、ブレーキランプやウィンカーなども無くてはならないものとして知られています。そんな中、ヘッドライトと併用して利用するタイプのものに補助灯と呼ばれているものがあります。現在ではいわゆるフォグランプと呼ばれているものが該当することになりますが、フォグランプの場合では、純正パーツとして初めから設定されている車種と、そうではなく、後付けパーツとして購入される方も存在しています。以前はハロゲンなどが使用されているものを多く見ることができましたが、比較的新しいものとしてLEDライトなども普及をしています。LEDは消費電力がハロゲン等と比較した際には非常に低いものになるために、バッテリーなどに対しても負担をかけないことも魅力になります。様々なタイプのフォグランプが用意されているのですが、初めから装着されているバルブなどと、そのままLEDへと交換することができるタイプも存在しているために、適合するライトを探してみることもおすすめになります。消費電力の軽減だけではなく、視認性にも非常に優れた効果を発揮するために、効果的に活用することができます。

暗い!と思ったら高性能ハロゲルンバブルに交換

2015/05/25

最近の自動車では、HIDやLEDなどの白色系で非常に明るいヘッドライトが当たり前になってきました。しかし、現在でも軽自動車や比較的価格の安い自動車を中心にハロゲンバルブを装着している自動車はまだまだ多数存在します。HIDへの交換を行う人もいますが、HIDはそれなりに費用もかかり、海外メーカーの安価なものでも数万円、高機能のものであれば10万円まではいかないもののそれなりに高価な商品となってしまいます。ハロゲンの通常バルブではヘッドライトが暗いと感じ、不満を持っている人も多いと思いますが、できるだけ安価に、しかも同一のハロゲンバルブで明るさや色温度を改善できる商品が高性能ハロゲンバルブです。HIDにも様々な色温度の商品がラインナップされていますが、この高性能バルブでも色々な種類がそろっています。霧などで視界を確保したいアウトドアー派、オフロード派にはできるだけ色温度の低い黄色っぽく見えるバルブを、やはり白さを少しでもまして美しく視界を更に良くしたい人には色温度の高い城っぽく見えるバルブを、好みの明るさや色に合わせて様々な商品が用意されています。なお、お値段はHID化に比べて非常に安価で、数千円で入手が可能です。

急速に進化し続ける車の電球

2015/05/25

自動車の電装部品はその進化が目覚ましく、非常に速いスピードでどんどん技術開発が進められていることが分かります。ハロゲンバルブが主流であった頃、その白さと明るさに驚かされたHIDですが、今や多くの車に標準で装備されるだけでなく、色合いや消費電力などで様々な商品が豊富に店頭に並ぶようになりました。今も軽自動車や比較的安価な普通車にはハロゲンバルブが使用されていますが、このハロゲンバルブでさえも高効率で高輝度の商品が数多くラインナップされています。そしてここ数年でHIDに変わって一気に普及してきたのがLEDヘッドライトです。更なる消費電力の抑制と安定した高輝度の照射、そして更に高度な技術力を注ぎ込んだ商品がどんどん投入されています。ミリ波レーダーによる前方の障害物検知という最先端技術とのマッチングでは今のところデメリットもありますが、急速に進化していく今の時代であればこんな問題もすぐに解消されていくでしょう。最近もっとも話題になったのはドイツのアウディでフラッグシップのA8に搭載されたマトリクスモデルです。ハイビーム状態で常に走行しても、対向車がまぶしいと感じる部分の照射だけを停止して、常に対向車に迷惑を掛けない最大限の照射を維持する技術です。今後もどんな新しい技術で驚かされるのか楽しみな分野でもあります。

電球を選ぶときのコツ

2015/03/30

自動車にはパーツとして数々の電球が設置されている部分があります。代表的なパーツとしては、ヘッドライトや車幅灯、テールランプやブレーキランプなどが挙げられますが、その他にも車内灯なども数多くの場所に設置されている車種も用意されており、それぞれ適合するバルブなどが指定されていることになります。球切れなどを起こしてしまった際には、特に外装パーツの部分では安全性に影響を与えるために、即座に交換することが求められているものですが、数多くのバルブが各メーカーから発表されていることによって、選択肢は広がることになります。選ぶ際のコツとしては、寿命を考えることも良い方法です。現在ではハロゲンバルブに代わって、HIDライトやLEDライトなども普及をしているために、長寿命なタイプを選択することもできます。また、ハロゲンから交換を行うことによって、消費電力も大幅にカットすることができるために、バッテリーに負担を掛けずに済ませることもできます。車内で必要とされているバルブに対しても、現在ではLEDタイプのものが多く販売されているために、初期投資としてはある程度は必要とされている部分にはなりますが、長い目で見た場合ではコストパフォーマンスに優れた機能を発揮することになります。